<   2006年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

赤ちゃん会

私がこの度出産した産院では、「赤ちゃん会」というのが、月に一度催される。
ここで出産したママとそのコドモたちが集まる会のことである。
「会」とはいうものの、実態はママさんたちのおしゃべり場。
生後まもないコドモたちを連れて、気軽に情報交換などをできる場となっている。

生後1ケ月から参加OKとなってはいるが、
実際はみなさんもう少し月齢が経ってから参加するみたいだ。

しかーし!わたしたちは無謀にも1ケ月検診を終えたあくる日から参加してしまった!
つまり、先月から。
だってぇ、出かけられる場所なんて限られてるしぃ、
家にいて乳やってばっかりで向き合ってたらノイローゼになりそうなんだもーーーんっ!!

さすがに1ケ月から参加してるコなんていやしなかった・・・・。
「うわぁ、がんばって来たねぇ。眠いでしょ~。」とか、
「きゃぁ、ちっちゃーい!こんな頃もあったんだよねぇ。」なんて、言われまくりだった。
コタローさんといえば2時間半の会の間中寝っぱなしで、楽だったが、
さすがにその日の夜はおめめランランでした・・・。

でも、とっても息抜きになったし、なにより、
「大変な思いしてるのはわたしだけじゃないんだっ!!みんな同じで、いまのしんどさは
時が解決してくれるんだねっ!!」
ってことを実感することができた。

で、きのう2度目の赤ちゃん会に参加してきました。

a0042313_10222245.jpg

お部屋の真ん中にお布団が敷いてあって、
そこに赤ちゃんを
ゴロゴロ思い思いに寝かせたりして、
ママたちはおしゃべりをしています。

なんとも、まったりぃ~な、
ゆるぅ~い会合?です。


お隣は、もうすぐ6ケ月のTaishiくん。
コタローさんチビチビだけど、この差でも同じ学年になるのって、今はすっごく不思議な気分だぁ。

a0042313_10332138.jpg
とにかく、この産院は
おもろい産院?で、
水中出産アリ、
帝王切開でも立会いOK。
母子同室で、家族も自由に寝泊り可。
面会時間は朝9時~夜9時。
特におもろい?のが院長先生→
(70歳は過ぎてるのかな・・)

毎朝の光景。
自宅兼産院のお庭で
ゴルフの練習中。
診察服?なんすけど、先生・・・。

入院中、こんな朝っぱらからカコーンカコーンて音がするのはなんだろう・・・??
って授乳で眠い目をこすり、くたびれきった体を起こし、
窓をのぞきこんでみると、そこにはミドリの診察服着た院長が熱心にゴルフの練習してた。
なんだか、感動をおぼえ、おもわずシャッターを切ってしまった・・・。

妊娠中の診察時から、なんかダイジョウブか??この先生・・。
と、少々失礼な思いを抱いていたのだが、自然で安心してゆったりした気分で
お産ができるすばらしい産院だった。
助産師さんたちもとってもあたたかくて、産後あとあとまでケアしてくれる
ありがたい産院です。

でも、親やだんな様は、「オイ・・、ホントにここでいいのか・・・?」
って何度も確認されるほど、みんなの思いは、「ダイジョウブか?ここで・・・・・・。」
という感想だった。

なんせ外観はボロいし、診察室も昭和にタイムスリップしたかのようなもの。
で、「うん、順調、順調。」しかほとんど言わない院長。
極めつけは、この個室↓
a0042313_10511453.jpg

シンチャンのひと言。
「ど、独房・・・??」

なーに言ってるのっ!リッパな個室じゃなーい!
ここで5日間生活するのよっ!

よかったらここで寝泊りする??
ここから通勤するダンナさんもいるらしいよぉ♪

即答で、「No,thank you・・・・」でしたが。



ホテル並の産院がはやるこのご時世だけど、
わたしにはこっちのスタイルのほうが合ってるかな。

みなさま、よかったら紹介しますわよぉ♪  爆
[PR]

by P-product | 2006-11-16 11:00 | nemuの日常  

ポンカ姉さんとコタローくん

出会いは突然だった。

a0042313_1125527.jpg
a0042313_11261237.jpg
出産を終え、ポンカを面倒見てくれてた実家へわたくしも里帰り。
ひと部屋をわたしとコタロー用にあてがってもらい、明けても暮れても授乳生活。
そして、このお方との共同生活も幕を開けたのであった・・・・・・・。

部屋の入り口扉の下のわずかな隙間から、
不気味な黒いストーカーがジーーーーーーーッとこちらをうかがっている。
「万が一・・・」の予防策として、ひとまずポンカから隔離できるようにしたら、
案の定こんなカンジ。

ポンカ 「気になる・・・。気になる・・・。何か楽しいものがそこにいるでしょ!!」

そして、初対面。

a0042313_1135615.jpg

nemu「ポンカー!!座れっ!座れー!!、
     待て待て待て待て!待てだよぉ。
     おぉ~、イイコだねぇ♪ポンカはえらいねぇ♪」
     (必死 (~_~;))

ポンカ 「ナニそれっ!かーちゃんが持ってるのナニ!?」
     ワクワクワクワク♪

そして。
a0042313_11434550.jpg



コタローさん、
オオ泣き・・・。










それから、ポンカさん、何年かぶりに厳しい?「躾」がいれられる受難の毎日。

・コタローの側に来たら「座る」こと
・舐めまわさないこと

とりあえずこの2点だけでもおさえられるよう、猛特訓・・・。
そして、できたら、誉めまくり&ごほうび。

特訓の甲斐あり、何とか理解してもらい、一抹の不安を抱きつつ、
お世話になった実家を後にし、いざ!我が家へ。


a0042313_11561940.jpg

自宅風景。

母の言いつけ「コタローの側ではお座り」、を守る
かしこいポンカちゃん!

ではなく、
ベッド上のおもちゃ狙いのおバカな
ポンカ姉さん・・・・。

a0042313_122314.jpg







自分の手に入れたい物を見つけたら、その前で
「何時間でもお座りする」という、
賢いんだか賢くないんだかの
習性をお持ちの姉さんであった・・・。







皆様、ご心配なさってくれているかもしれませんが、
ま、今のところ何のトラブルもなくこのような?毎日を過ごせております。

コタローはいじくっちゃいけないんだ、ということは理解できたもようですが、
「おもちゃ」の誘惑はそうとうキツいらしく、今まで全部「ポンカちゃん用」だったから、
「何であたしのぢゃないの!!??」って目で訴えられる毎日です・・・。

これからコタローが成長したときの「おもちゃの奪い合い」が、
ただただ恐ろしい限りでございます。。。

とりあえず、ま、仲良くしてやってくださいな。
ポンカ姉さんっ!!

a0042313_12113132.jpg

[PR]

by P-product | 2006-11-13 12:19 | poncaとコタロー  

お宮参りしてきました。

秋晴れの日曜日、コタローさんのお宮参りに近所の神社へでかけました。
大阪からおとーちゃんおかーちゃんも来て、両家の両親と総勢7人で。
a0042313_18172238.jpg
車でものの5分もかからない神社ですが、近くまで行くと、
「・・・・!!??ナニ?駐車場が、満車??」ありえない・・。いつもは閑散としてる神社なのに。
と、なにやら看板が。「七五三参りに、戌の日!!」
おうっ!考えてもいなかった。世間は七五三なんだ。
しかも、またもや戌の日。この子は、ほんとに戌づいてるコだ。
生まれた年も戌年。生まれた日も戌の日。退院の日も戌の日。
そして偶然にもお宮参りの日まで戌の日!!さっすがぁ、いぬおんなのコドモだけあって、
わきまえてますねっ!コタローさんっ。

で。a0042313_18213657.jpg

駐車するのも時間かかりそうなので、一旦家まで戻って歩いて行く事にしました。
いつものポンカさんの散歩コースの公園を通って、いざ神社へ。


本日、戌の日なり。だってさー。a0042313_18241410.jpg




すさまじい人で、こりゃ御祓いしてもらうのにも待ちそうだな・・。
って、案の定1時間半ちだって!!
じゃ、ふつうのお参りとお写真だけにしておきましょうか。
ということで、ハイ、パチリ。
a0042313_18323166.jpg










きちんと御祓いしてもらえなかったということで、
nemu父が神主さんに代わって、ご祈祷を・・・・。
a0042313_18372879.jpg



コレ、お賽銭箱の隣にあったもの。
個人的に使用できるものなので、皆様ご安心を・・・。




と、まぁ、我が家らしく、ツギハギだらけのお宮参りとなりましたが、
無事に済んでひと安心でございます。
でも、コタローさんのお着物(シンチャン母がコタローを抱いて着ているもの)
は、貸し衣装でなく、シンチャンのお宮参りのときにあつらえたお着物なんです。
父から息子へと受け継がれたわけですねー。


それが、コレ。
a0042313_18441951.jpg

すごい刺繍だぁ。
大切にしなきゃね。
このお着物で、今度は、
今日たくさんお参りしてた七五三のコ達のように
お参りしようねっ!

とにかくっ、ポンカ姉さんのように!?
元気いっぱいなコになりますよ~にっ!!
[PR]

by P-product | 2006-11-06 18:50 | コタロー